スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首から肩、背中の左側の痛み(むちうち経験あり)

30代女性 介護師さん

介護師さんということでかなり体を酷使。

腰痛も時々あったが現在は時々重くなる程度。

首の回旋、前後左右どちらも首から肩背中にかけて左側に痛み。

じっとしてても痛む。

ストレスはかなりありとのこと。


まず肉体的アプローチで、首、肩、背中の左側の連動ポイント(患部以外にあります)を刺激

(マッサージの軽いものと気を入れます)します。

一つ目のポイントで圧痛がありましたのでそこを緩めて首の確認。

これで動きがだいぶよくなりましたが、まだ大きく動かせるようになった分痛みがまだ出てきます。

これは前より可動域が上がった分浅いところはとれたが、深いところまだ残っているということです。

それから次のポイントでほぼ痛みはなくなり、動きも一段とよい状態に戻りました。

連動部位はだいだい幹部一個所に5~7箇所あり、今回は残りのポイントを施術し、

もう一度確認し、わずかな残りも解消。

腰も時々重いということで腰の連動部位も施術、重さも解消。


ストレスもありなのでストレス除去を行いましたが、かなり重いストレスでこちらは苦戦しました。

時間が来てしまい、ストレスからの再発もある等の説明し終了しました。


今回一回目の施術で100%あった痛みが、ほぼ0になるケースはありますが全てではありません。

外傷以外の痛みは、何十年かその人の使い方があって痛みという信号が出てきたのですから、

同じ使い方をしていればまた痛みは出てきますので、心当たりがある場合は改善すると再発しにくいです。


痛みはとれることがわかったので、痛くなったらとればいいのですし、

痛くなる前に予防的に施術すれば痛くならずに済むので

どちらでも好きな方を患者さんが選べます。



ストレスも受ければ再発の原因となります。

ストレス除去によってとれれば、また入ったらとればいいですし、入ってこないよう患者さん自身が

受け流す術を探してもいいと思います。



施術一回目で100%から80%に症状が減り、徐々に改善したり、停滞してたが急激に改善したり

それぞれ人によって回復の仕方は違いますが、間隔を詰めて症状がもどらないうちに施術してどんどん

回復していただくやり方もあります。


症状がずっと改善しないでお悩みの患者さまは一度、患部以外のアプローチをお考えください。

お近くのjbm人体の法則学会所属の治療院まで

お問い合わせください。



ずっと首のコルセットをしている患者さん、首以外に原因があるのではありませんか??

人体の法則学会の治療院はこちらをクリック!
http://blue.ap.teacup.com/applet/kiryuin/msgcate5/archive
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kiryugan

Author:kiryugan
FC2ブログへようこそ!
院長、井野徹s43・10・12生まれ。
台湾式気孔・長生学
日本理学整体学会、
日本気導術学会、
JBM人体の法則学会に学ぶ。
人体の法則学会・会員
人体の法則学会・技術指導師
2002年東京江戸川区船堀に
「いの整体院」開業。
予約制90分¥6300
メール ino07050162536@wm.pdx.ne.jp
電話番号070-5016-2536
院内bgm   calavan

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。